低用量ピルは何が低用量なのか

ピルには色々な用量のものがあり、中でもよく聞くのが低用量ピルですがそもそも何が低用量なのでしょうか。
ピルの中には二種類のホルモンがありますが黄体ホルモンとエストロゲンが含まれています、その中でもエストロゲンが50μg以下のものが低用量と定義づけられています。
エストロゲンは元々人間の体にあるものですが生活習慣やストレスなどが原因でエストロゲンの量が不安定になってしまうことがあります。それを低用量ピルによって正常にするのです。
また、エストロゲンは女性らしい美肌を作ったり排卵を胸を大きくしたり排卵を促す作用があります。
排卵を促す作用があるなら逆に妊娠しやすくなり避妊できないのではと思われるかもしれませんが、エストロゲンの量が多いと頭が十分にエストロゲンの量がみたされていると思い排卵をする必要が無いと判断するのです。そのため排卵も行われず精子が体内に入っていても受精しません。
100%の避妊効果に安心する女性 低用量だと避妊効果が薄いように思われますが実は適正に飲んでいる限り100パーセントの避妊効果を発揮します。コンドームよりも高い避妊効果がありますし、女性側で子供を産まない判断のできる避妊方法でもあるので欧米では一般的なのです。
用量の高いピルは主に性行為をしたあとに避妊するのに利用します。すでに体内に精子が入った後ですと低用量ピルはすぐにはじめても避妊ができません。
普段から妊娠しない状態を作っておくべきか、何かあったときだけ避妊をするかによって容量を決めることができます。
低用量ピルですと体に副作用が少ない範囲しかホルモンが含まれていませんので薬を飲むことに抵抗のある方にもいいでしょう。正しい知識を手に入れますと充実した生活が送れます。

エストロゲンにも種類がある?

女性ホルモンの一つであるエストロゲンには細かく分類すると3種類あります。詳しく知りたい方は下記外部サイトが詳細に掲載されています。
エストロゲンの種類

低用量ピルにはどんな種類があるの?

生理不順や月経前症候群を改善した女性

低用量ピルは経口避妊薬とも呼ばれ、服用することで排卵を抑制し、子宮内膜の増殖を抑えます。避妊効果以外にも、生理不順を改善させたり、月経前症候群の症状を軽減させるなど、ホルモンバランスを安定させる効果もあります。
低用量ピルを大きく分類すると、一相性・二相性・三相性の3種類が存在します。配合されているホルモンの組み合わせによって分類されるもので優劣はなく、用途や体質によって使い分けることが大切です
一相性は、3つ分類の中でも唯一、期間内に服用する全ての成分が同じです。他の種類では、ホルモン量の変化に合わせて飲むため、順番を守る必要がありますが、一相性は順番を気にせず、比較的手軽に服用できるというメリットがあります。
二相性は、配合されている女性ホルモン量が二段階に変化するよう調整されているのが特徴です。飲む順番を気にしなくて良い一相性や、細かな段階に分かれる代わりに、より低用量に抑えられている三相性と比べると、あまり人気がありません。
三相性は、服用期間中に女性ホルモン量が三段階に変化する低用量ピルのことです。三相性ピルは含まれているホルモンの量が少ないことから、副作用が少ないのが最大のメリットです。欧米で人気が高い一相性は、体格の小さい日本人女性の場合、副作用が強く出る場合があるので、一相性が合わなかった人にもおすすめです。三相性は様々な種類が販売されていて、配合量の変化は製品ごとに違います。有名な所ではトリキュラーという商品があります。トリキュラーは日本国内で一番使われている三相性の低用量ピルで、多くの産婦人科で処方されています。三相性は一相性と比べると、飲む順番が3段階に分かれているため、日にちがずれたり飲み間違えなどが起こる可能性もあります。飲み方を間違った場合の対処法をきちんと確認しておかないと、十分な避妊効果を得られない可能性があるので、注意が必要です。

ピルの入手手段を知っておく

低用量ピルは、女性が自発的に避妊できる確実な方法として、世界中の多くの女性たちが服用しています。
低用量ピルを入手する方法は、日本では産婦人科か婦人科での処方となります。
購入希望の意思を伝えると、体調に問題が無ければ処方してもらうことができます。
年齢が高く喫煙者であったり、持病があって薬を常用している場合は処方が慎重になるケースもあります。
日本で取り扱いがある低用量ピルは数種類で、世界中で処方されている種類と比べると非常に少ないのが現状です。
これは、認可が下りている製品しか処方してもらうことができないためで、他の低用量ピルが服用したい場合は、個人輸入を利用して購入することができます
低用量ピルを個人輸入する 個人輸入で購入する場合は、非常に多くの低用量ピルの中から選ぶことができますし、価格も日本で購入するのに比べて3分の1から半額程度で買うことができます。
最近は、女性特有の悩みを解消できる低用量ピルが人気で、むくみや体重の増加を防いだり、ニキビを予防できるタイプの製品が世界中の女性から注目を浴びており、日本でもそのような特徴のある製品を希望して購入する方が目立ちます。
日本で処方されているものと同じ成分の製品を個人輸入することもできますので、経済的負担を抑える為にピルは通販で買うと良いです。一度医療機関で処方してもらい、そのあとはリーズナブルな個人輸入を利用する方も増加傾向にあります。
低用量ピルの個人輸入は個人輸入代行業者を利用して、インターネット通販で買うことができます。
業者によって販売価格が異なりますし、割引やポイントなどの制度もそれぞれ異なります。
送料は無料の業者が多いですが、有料の業者もありますので、総合的に考えて最も安い業者で購入するのが良いでしょう。