高用量ピルとその副作用について

高用量ピルはアフターピルとして緊急避妊薬の効果を発揮することもありますが、場合によっては無月経や卵巣機能不全による不妊症などの治療薬として使用され、治療薬として使用される場合は健康保険が適用されることが通常です。低用量ピルも月経不順による不妊症の治療として使用されることがありますが、基本的には避妊を目的として服用する薬とされているため、低用量ピルは自費診療として購入しなければなりません。では治療を目的とすれば費用の面を思えば高用量ピルの方が良いのでは、と考える人もいるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。その理由の1つに副作用があります。
高用量ピルは高用量とあるように、薬に含まれている女性ホルモンの量が非常に多いです。そのため服用すると副作用が強く出る可能性があり、その場合は服用中止になり、他のピルに変更になる可能性もあります。
服用に関する副作用で多い症状は吐き気や頭痛、乳房の張りによる痛みなど妊娠初期に起こる悪阻に似た症状がありますが、他に重大な副作用として血栓症やアナフィラキシーがあります。

ピルの副作用による吐き気

副作用が悪阻に似た症状であれば症状を軽減するために薬が処方されたり経過観察をすることで症状が治まるかを確認しますが、血栓症やアナフィラキシーは最悪の場合ですと命に関わるため、使用が危険である可能性があります。身体のどこかにしびれる症状が出たりろれつが回らなかったり、服用後に息苦しさを感じたり蕁麻疹が出たりした場合は、処方された病院を早急に受診し診察や検査が必要になります。場合によっては使用中止になる可能性もあるため、自己判断で大丈夫かどうかを決めるのは絶対に止めましょう。
高用量ピルは治療効果を持つ反面、含まれるホルモン量の多さから体に対し負担が大きくもなります。そのため自身の体を守るためにも服用している間は身体に注意を払ってあげましょう。