過長月経と低用量ピルの注意点

低用量ピルはエストロゲンとプロゲステロンを配合した薬となっており、経口避妊薬として知られています。また、避妊だけでなく生理痛の軽減や生理不順の解消などにも役立つということです。
生理がいつもより長引くと心配になってしまうのですが、これは過長月経というものかもしれません。一般的な生理周期は25~28日、生理の日にちは3~7日が正常とされています。体調や精神的な理由から生理周期が1週間程度ずれることはありますが、1~2回ずれる程度なら心配ありません。

生理周期の乱れに注意

生理周期というのはちょっとした問題で乱れてしまいます。しかし、ストレスなどの原因を取り除けば元の周期に戻ることが多いですし、その場合は問題ないでしょう。生理の日数は人によって異なっていますが、長くても1週間程度で終わることが多いです。経血量は子宮の広さや大きさ、ホルモンの分泌量などによって変わってくるということです。
しかし、生理日は8日を超える場合には注意が必要です。少量の出血が1ヵ月続く場合や鮮血が出続けるなどの場合も問題があるとされており、気になる場合は婦人科を受診しましょう。
過長月経はなぜ起こるのかということですが、最も多い原因はホルモンバランスの乱れと言われています。ホルモンバランスは体調不良やストレスなどによってすぐに乱れてしまいますし、月経異常を引き起こすこともあります。
また、子宮や卵巣疾患などがある時も生理が長くなってしまうことがあるので注意しましょう。低用量ピルは生理痛や生理不順で悩んでいる人にもおすすめなのですが、低用量ピルの副作用として生理が長引いたり不正出血が起きてしまうこともあります。しかし、服用を続けることで治まることが多いです。