低用量ピルの飲み方

避妊効果や月経前症候群の症状を軽くしたり、生理不順の改善などにピルが使われていましたが、最近は低用量ピルの使用も多くなってきました。クリニックでも診察をして処方をしてくれるところが増えていますので、これから自分の身を守るため、そしてホルモンバランスを整えていくためなどの目的で利用を考えているのではないでしょうか。
低用量ピルと言っても、幾つか種類の分け方がされています。まず一つの錠剤のホルモン量が変わらない、一定量である一相性のタイプと、ホルモンバランスの変化に合わせて配合量を変えている三相性タイプがあります。一相性タイプはどの錠剤を飲んでもいいので、1シート飲みきるようにすれば問題ありません。三相性タイプについてはホルモン量が変わるように配合されているので、一番最初の錠剤から順番を変えることなく飲むことで効果が発揮されます。
錠剤の数でも分けることができて、21錠タイプと28錠タイプに分かれます。21錠の方は錠剤を21日飲み続け、7日間自分で薬を飲まない休薬期間を過ごしてからまた新しいシートを飲み始めます。28錠タイプは21錠のきちんとした薬と、7錠分の休薬期間分にのむ偽薬が入っています。その為、こちらの場合はシートを一枚飲みきったらまた新しいものを用意して飲めばいいので、日程の管理も楽になっています。

低用量ピルの飲み方

また、通うクリニックによっても扱っているピルは違う事が多いので、すぐに決めずに来院する前にどんな低用量ピルを使っているのか聞いておくと良いでしょう。最初のうちはどのピルであっても頭痛などの副作用は出やすいのですが、何枚かシートを続けていくうちに体が慣れてくるのでそれほど気にならなくなります。